賢い人は始めてる!給料以外の収入はマンション投資

マンションと女性
毎月の給料には満足しているものの、将来の事を考えるとどうしても不安になってしまう。このような悩みを持っていた私は、効率よく資産を増やす方法はないものかと考えていた所、マンション投資に出会いました。

マンション投資は何か

投資に関して知識がなかった私は、まずマンション投資がどのようなものなのか、調べることから始めてみました。投資に利用するマンションにはいくつか種類があり、購入者が物件を貸し出すことで家賃収入を得たり、物件の価格上がった時に売却したりして利益を上げる、これがマンション投資のシステムだということは理解できました。

マンション投資の種類を知る

先ほども触れましたが、マンション投資と一言でいっても物件のタイプは様々です。私はどのような物件を購入すれば良いのか迷ったので、主な物件タイプの特徴をそれぞれ調べてみました。

1 ワンルーム

コンパクトなサイズを中心に、人気がある物件のタイプです。少子化問題や離婚率の増加の影響で、核家族や1人世帯が増えていることを考えると、投資用の物件としては注目度は高いと思われます。賃貸としての需要が見込めるので、不動産投資を初めて行うならおすすめだと言えます。リフォーム費用や空室期間に関する面を考えても、投資効率は高いタイプになっています。

2 ファミリータイプ

ワンルームとは真逆の物件タイプとなり、部屋数も多く目的別に使い分けることができます。家族の人数が多い世帯には需要がありますが、ランニングコストを考えてから購入することが大事です。しかし、一度入居が決まれば比較的長期間の賃貸が見込めるので、ニーズをしっかりと定めておけば投資効率も高めることができます。

3 新築マンション

選ぶ物件にもよりますが、新築の場合なら高い融資額を受けることができて、少ない頭金でマンション投資を始めることができます。選ぶ際は空室保証が付く物件か見極める事がポイントです。また、最新の設備やトレンドが反映されている事もあり、家賃が高くても入居希望者が多くなります。修繕や維持費も最低限で済むのが魅力の1つでしょう。

4 中古マンション

新築マンションと比べると、初期費用を抑えられることが最大の魅力と考えられます。また、物件が建てられた年代によって、耐久性や耐震性に差が出てくるので、物件情報を細かな部分まで調べてみましょう。物件周辺の環境や、居住者の雰囲気などもチェックすることをオススメします。

少し調べただけで、こんなにも多くの物件タイプがありました。それぞれに魅力的な要素がありますが、物件購入の予算やマンション投資を始めてどのぐらいの収益が欲しいのか、考えた上で物件を購入することが大事ですね!

あなたが知っておくべきマンション投資のメリット

世の中には、様々な投資があり、株式やFXなどを選ぶ方も少なくないはずです。しかし、注目度の高さで言えばマンション投資の方が断然上をいきます。その理由は多くのメリットが関係していました。

注目度の高さはメリットにあった!~不動産投資~

  1. 1 不労所得を得られる

    多くの方が不動産投資を始めるきっかけが、このメリットに魅力を感じるからでしょう。私もそうですが、働ける間は給料とは別口から収入を得ることができますし、リタイヤした後なら年金とは別で収入を得ることができます。

  2. 2 高利回りが期待できる

    皆さんが普段利用している金融機関には、それぞれに金利が発生しています。しかし、金利といっても雀の涙程の額で0.02%~0.3%に留まっています。一方、不動産投資なら5%前後の高い利回りが期待できます。

  3. 3 税金対策に有効

    相続や贈与の際は多額の税金が発生しますが、不動産に関しては現金や証券とは異なる算出方法となっていて、納税額が少なることが多いのです。不労所得と同様、このメリットに魅力を感じる方が多いのではないでしょうか。

  4. 4 老後の年金対策

    総務省の家計調査年報によると世帯主60歳以上世帯の月刊支出は約28万円必要とのことです。ローン返済後は資産として残り、毎月家賃収入が入りますので老後の私的年金として活用する方も多いのです。

  5. 5 生命保険(団体信用生命保険)

    マンション購入の際に住宅ローンを利用した場合、団体信用生命保険が付いており、ローン返済期間中に、ご本人に万が一の事態が起こった場合には保険金でローンの残債を完済する仕組みとなっています。ですので、残されたご家族にはローンの無いマンションが残り、その後の家賃収入を継続的安定収入として受け取ることが可能です。もちろん、マンションを売却することにより一括で多額の現金を受け取ることも可能です。

最もメリットが期待できるのがマンション投資

マンションを指差す男性

中古マンションなら安く購入できる

投資用の物件として中古マンションを選べば、少ない予算や初期費用で始めることができます。中古といっても、メンテナンスがしっかりと行なわれている物件も多く、投資用の物件としては申し分ありません。

中古マンションなら管理しやすい

管理会社に建物や賃貸に関する業務を任せることができるので、仕事や家事が忙しくてもオーナー業と平行することができます。メンテナンスや点検を定期的に行なえば、人気物件になります。

新築マンションなら入居率が高い

新築マンションであれば、多少賃貸料金が高くても入居希望者は殺到します。何故なら新築は設備や室内、全てが新品の状態です。誰でも清潔感があり、綺麗な部屋に住みたいと考えるはずです。これらの事から高い入居率が期待できます。

新築マンションなら担保力がある

資金や頭金が少ない方でも、新築マンションを購入することで金融機関から融資を受けることができます。多くの場合、中古マンションよりも新築マンションの方が不動産価値が高いため、担保力が高いとみなされるからです。

インカムゲインとは?

不動産投資とは切っても切れない専門用語、インカムゲイン。英語にすると「income gain」となり、incomeがもつ【定期的】という意味に、gainの【利益】と意味がプラスされた用語となっています。つまり、定期的に利益が得られるシステムのことをインカムゲインと言い、以下のような資産運用がインカムゲインとしてあげられています。

・賃貸物件で得る家賃収入
・株式投資で得る配当金
・銀行預金で得る利子

それぞれのリスクやリターンを考えたところ、インカムゲインを生み出すなら不動産投資が最適だと判断しました。勿論、株式の配当金や預金で得る利子も魅力的ですが、「定期的に利益を得る」このポイントに的を絞るなら、不動産投資、つまり家賃収入が最適だと言えそうです!

不動産価格の上昇~不動産投資・売却は今がチャンス~

購入した物件を貸し出して、家賃収入を得ることは魅力的です。しかし、私はもう一つのマンション投資の方法にも注目してみました。それこそがキャピタルゲイン(売買差益)です。東京をはじめ、都心部では既にキャピタルゲインが定着しています。

不動産売却と2020年問題の関係

今からマンション投資を始めようと思っていた所、「2020年問題」というワードが気になって調べてみる事にしました。2020年は東京オリンピック開催の年、世界的なイベントは経済情勢そのものを変えるきっかけになります。不動産価格も、東京オリンピック開催まで上がると見込まれているので、キャピタルゲインに最高なタイミングだと言えます。

海外投資家の存在

アベノミックスによる金融緩和、世界的イベントのオリンピック開催、これに目をつけているのは国内の投資家だけではありません。近隣諸国の投資家が、観光旅行を兼ねた物件探しを行なう様子がメディアでも放映されていました。

個人投資家の増加

前途のように金融緩和のおかげで、少ない予算と融資の借り入れにより、マンション投資が行なえるようになりました。OLやサラリーマンでも、物件売却によるキャピタルゲインで一投資家として資産運用を行なう事ができるようになりました。

新しい形の節税対策

不動産を相続する場合と、現金を相続する場合とでは、課税率が異なってきます。くわえて、平成27年に行なわれた改正を期に非課税額が減少され、現金による相続から不動産による相続へとニーズに変化があるのです。

失敗したくない!リスクから学ぶ不動産投資

従来に比べて、不動産投資に対するハードルが低くなったように感じますが、しっかりと計画を立てておかなければデメリットが生じてしまいます。ここでは、失敗例から学ぶ不動産投資のあり方について考えてみたいと思います。

回避したい不動産投資の失敗例

  1. 【失敗例1】 売却価格が購入価格を下回る

    不動産投資を始めて数年は、黒字経営ということはさほど珍しくありません。しかし、不動産市場の動向次第では、物件価値が下がってしまうことも予想されます。また、購入価格と同じ額で売却できる物件はないと理解しておく必要があります。

  2. 【失敗例2】 間違ったローン設定を組んでしまう

    金融緩和で融資のハードルが下がったとは言え、ローンの返済計画はしっかりと設定しておかなければ不動産投資に失敗してしまいます。不動産物件の維持や修繕には、ある程度の出費も発生してくるので、利益ばかりでなく必要経費の事も考えて返済プランを考えましょう。

  3. 【失敗例3】 空室が続き家賃回収が困難

    購入した物件周辺の環境が変わると、空室の期間が長くなることがあります。また、特定のニーズに合わせて物件を購入してしまうと、変化が起こった時に対応できず不動産投資が失敗してしまいます。予想が難しい部分ですが、立地条件の下調べは十分に行なっておきましょう。

  4. 【失敗例4】 高級不動産物件は設備コストも高級

    高級不動産物件には、ディスポーザーやビルトインタイプのエアコンなど、通常の不動産物件にはない設備が搭載されています。いっけん魅力的なポイントですが、故障や交換の際に100万円単位の出費がかかることもあるので、この手の物件に手を出す際は注意が必要です。

  5. 【失敗例5】 自分が住む基準で選んで空室が続いた

    よく起こりがちな失敗ですが、自分から見て最適な不動産物件が、必ずしも他人にとっての最適とは限りません。自分が狙うニーズの層にマッチした、立地や家賃に見合った物件を購入することが大事です。こだわるのは利用者であって、物件購入を行なうオーナーではありません。借りやすさを追求する事こそが、不動産投資を軌道にのせるコツなのです。

失敗は成功のもと~過去の例からみる対応方法~

計算
不動産投資のハードルが下がっても、リスクや失敗はつきものだという事は理解できました。しかし、過去の事例を元にリスクを回避する対策を講じることも可能です。

リスク対策のポイント3

  1. 1 資産運用にするなら中古マンションの売却を優先する

    新築マンションに比べて手頃な価格が魅力的な中古マンションですが、建物の経年劣化や設備維持にかかる経費を考えると、家賃収入による資産運用が見込める年数は短いと予想されます。よって、中古マンションによる不動産投資なら売却を優先した方がリスクが少ないと言えます。

  2. 2 長期保有が前提のマンション投資は危険

    不動産投資で発生するリスクを回避したいなら、購入物件を長期保有しようという考えは危険です。何年も一定の家賃収入を得ることは、中々難しいため売却が必要になってくることもあります。マンション投資を行なう際は、購入額と売却額の想定をしっかり見極めておきましょう。

  3. 3 空室=借金!信頼できる不動産会社を選ぶ

    不動産投資の失敗例として、入居率の低さや空室問題があがってきます。特に、地方では新築物件でも空室が目立つことは少なくありません。リスクを回避するためには、不動産会社の協力なくして成り立ちません。空室対策や物件管理など、安心して任せることができる会社を選びましょう。

優秀な不動産会社こそ不動産投資のカギ!

不動産投資における相棒的存在、それは不動産会社です。自分なりに投資を学んでも、やはり専門家の協力は必要不可欠です。どのようなポイントで不動産会社を選べば、マンション投資をうまく軌道にのせる事ができるのか、私なりのチェックポイントをまとめてみたので参考にしてみて下さい。

優秀な不動産会社はココに差がある

過去の売却実績と利用ユーザーの支持数

やはり不動産会社を選ぶ際には、過去の売却実績は外せないポイントになります。実績をホームページに紹介している不動産会社も増えていますが、ユーザーからの支持率やリピート率を合わせてみると信頼性の高さが分かるはずです。また、株式上場している不動産会社であれば、社会的な信頼があると言えるでしょう。そのような不動産会社を選ぶと、投資に必要な融資を優遇してもらえる確率も高くなります。

マナーや接客がしっかりと指導されている

衣類やアクセサリーと比べると規模は違いますが、不動産物件も買い物の延長線上だと考えた時、スタッフの接客や対応は、信頼性と関わってくると言えるはずです。不動産に関する知識を、分かりやすく説明することや、希望や要望に親身に対応してくれる姿勢があってこそ、信頼関係が生まれるというものです。物件の下見の際や、電話口での対応を比較してみると指導されているか、判断がつくでしょう。

厳選された不動産会社が集まるサイトを活用

不動産売却査定の専門サイトを利用することで、要望に合った不動産会社を選出することができます。不動産会社が専門サイトに登録する際、厳しい審査を受ける必要があるので、信頼性が高い会社ばかりが揃っているということになります。専門サイトを使い分けて、より自分の要望に合った不動産会社を見つけていきましょう。

バリエーション豊富な物件を保有している

新築から中古まで、様々な不動産物件を保有している不動産会社なら、自分の希望や予算に合った物件を見つけやすくなります。また、首都圏の物件を保有している会社であれば、不動産投資に関してのノウハウに期待が持てます。エリア情報や区画整理情報など、専門性の高い情報にも精通しているので、物件購入の際に役立つ存在となります。

不動産会社を選ぶ

不動産投資は業者選びが肝心です。いい業者を選ぶ事が、不動産投資を成功させるカギになります。

88ホームズ

88homes
関東周辺で不動産投資の説明をもっと詳しく聞いてみたい、実際に物件を探して運用したいという方は88ホームズがおすすめです。
88ホームズは、東京を中心に神奈川や埼玉など関東周辺で多くの物件情報を持っています。高い専門知識を持ったスタッフが、一人一人の状況に合わせてしっかりとサポートしてくれます。
また、物件の購入だけでなく、売却についても相談にのってくれるので、所有している物件の売り時や買い時のタイミングについてもアドバイスをしてくれます。
長いスパンで不動産投資を考えた際に、様々な提案をしてくるところや、なんでも相談にのってくれるところを選ぶことはとても大切です。「夢を現実のものへとする為、安心した暮らしを送る為、未来へつなげていく為」の3つの企業理念をもとに、満足できるサービスを提供してくれます。
関東周辺で不動産投資をするならぜひ一度相談してください。
株式会社88ホームズ │ 住居用・投資用の不動産売買はお任せ下さい。

十分に検討して不動産投資を行なおう!

ハードルが低くなった不動産投資ですが、何事も計画は必要だと分かりました。それに、メリットだけで考えると失敗の原因になることにも注意が必要です。マンション投資を行なう際は、より多くの情報収集と優秀な不動産会社を活用することで、安定した収益を得ることができるはずです。おさらいがてら、これまでのまとめを振り返ってみましょう!

不動産投資をこれから始める方へ!

  1. まとめ1:不動産投資が何か自分なりに理解して、情報収集を行なっておく

  2. まとめ2:マンション投資を行なう場合は、自分の予算と利用者のニーズを考えて物件を選ぶ

  3. まとめ3:メリットだけでなく、デメリットやリスク発生に備えた対策を整えておく

  4. まとめ4:家賃収入と売却は見極めが大切なので、ローンや利回りをふまえて検討する

  5. まとめ5:失敗を回避するためにも、相棒となる信頼度の高い不動産会社を見つける

簡単にまとめてみましたが、全て重要なポイントです。多くの場合不動産会社がアドバイスしてくれますし、不動産投資セミナーも頻繁に開催されているので、情報収集も比較的簡単に行なえます。注目度の高さだけでなく、どのような投資になるのか自分で納得してから始めることが成功への1歩となります。不動産投資がうまく軌道にのれば、資産運用や将来への備えになります。これから投資を始めるなら、あらゆる側面を見極めて検討してから始めましょう。