賃貸経営の味方!安心・快適さを提供してくれる管理会社の選び方

pbimage0000102632

賃貸経営の成功を左右する大事な存在が、「管理会社」です。
良い管理会社を選べば空室リスクが減り、投資回収率もキープできます。
管理会社選びで気を付けたいことやポイントについてまとめたので、賃貸経営を検討している方や既にはじめている方は、是非参考にしてみてください。

入居してからが勝負!長く住んでもらうためには管理会社が大事

不動産投資は、住んでくれる人がいてはじめて成功するものです。
しかし、自分で入居者の募集から、物件の管理まで行なおうとうすると、時間や労力が掛かってしまいます。
不動産管理の専門家である管理会社に管理を依頼することで、賃貸経営の「安定性」と「投資回収率の維持」、「空室リスクの軽減」などを徹底することが可能です。プロのノウハウで集客から管理までを行なってくれるので、とても心強いですよね。

では、早速不動産管理会社の特徴や選び方についてみていきましょう。

仲介会社と管理会社の違いとは?

男性

仲介会社とは

まずは、仲介会社の特徴について紹介します。

1.入居者の募集・決定・賃貸契約を一連で行なってくれる

賃貸経営で最も避けたいことが「空室リスク」です。
どんなに最新の防犯設備やオール電化、こだわりの内装に立地条件などを完璧にしたところで、それを上手にPRしてくれる存在がいなければ、「狙った客層」には届きません。仲介会社では「どのような客層を集めるか」という戦略を練ってくれるため、空室リスク以外に入居後のトラブルもある程度軽減できます。

2.仲介手数料が主な収入源

1件の案件につき仲介手数料は、家賃1ヵ月分が上限となっています。
例えば、家賃1ヵ月5万円の賃貸物件であれば、5万円。家賃1ヵ月50万円の賃貸物件だと、仲介手数料無料は50万円です。

繁忙期である12~3月は「賃貸オンシーズン」と呼ばれていて、仲介会社の収入はグンと上がりますが、引越す人が少ない「オフシーズン」には、収入は減ってしまいます。

3.成約した数で売り上げが変わることから、熱心に入居者を探してくれる

成約した件数分の仲介手数料がそのまま仲介会社の収入となるため、熱心に集客と客付けを行なってくれます。「どう見せれば、契約が決まるか」を熟知しているので、比較的直ぐに入居者を見つけてくれます。

引っ越す人が少ないオフシーズンに空室が出た場合は、客付けのプロである仲介会社に物件のPRをお願いしましょう。

管理会社とは

次は、管理会社の特徴をみていきましょう。

1.入居者の決まった賃貸物件を管理・維持する

仲介会社などにお願いして入居者を見つけたら、次は管理会社にその賃貸物件を管理・維持してもらいます。
長期間、オーナーの代わりに入居者の声を聞いたり、賃貸物件の修繕を行なったりしてくれる大事な存在です。

2.家賃の集金やクレーム対応、物件のメンテナンスまで業務は多岐にわたる

家賃の集金やクレーム対応、賃貸物件の修繕など、管理会社の業務は多岐にわたっています。
本来、オーナーが行なう業務をほぼ全て担ってくれるため、特に忙しいオーナーや賃貸経営をはじめたばかりのオーナーにとっては頼りになる味方です。

3.オーナーからの「管理委託料」が主な収入となり、管理内容によっても金額は異なる

「管理委託料」は賃料の5パーセント・10パーセントになっています。管理物件数が多ければ多いほど収入が安定するため、大手管理会社は地域密着型の管理会社よりも経営が安定しやすいと言えます。

賃貸管理会社の選び方

男性

1.会社全体が地域情報に詳しいか

地域や物件ごとに敷金・礼金の有無と相場、家賃の平均額、その地域で人気の物件(風土に合ったデザインや設備を取り入れた物件)、風習などが異なるため、地域情報に詳しい地元の管理会社は大手に比べて有利です。

しかし、大手には「ネームバリュー」があり、集客しやすいというメリットがあります。

2.担当社員が責任を持って接しているか

不動産管理は、長年にわたり同じ管理会社に依頼することが多いため、責任を持って丁寧に対応してくれるところを選ぶことが鉄則です。

3.お付き合いをしている他のオーナーが満足しているか

他のオーナーがその管理会社に満足しているかどうかを調べることで、信頼できる管理会社を選びやすくなります。
管理会社のホームページなどで、「実績がある」、「経験豊富なスタッフが在籍」、「管理物件が多い」と掲載されていても、口コミや情報サイトのアドバイスも併せて見るようにしましょう。

自分のスタイルに合わせて賃貸管理会社を選ぼう(まとめ)

夫婦

賃貸管理会社は、管理内容が会社によっても様々なので(仲介を行なうところや、清掃のみというようなところもある)自分のニーズに合わせて選ぶことが大切です。前述した主な3つのポイントを押さえながら探してみてください。

また、平成23年に国土交通省が「賃貸住宅管理業者登録制度」をスタートしています。オーナー・賃借人・管理会社の信頼関係を高めることを目的に、一定の条件を満たした事業者を国土交通省のホームページに掲載しているので、管理会社を選ぶ際はプラスαの判断材料として活用しましょう。