不動産投資で不労所得を手に入れよう

お金を計算する

現在の収入に、あと数万円プラスされれば楽になると考えていませんか?もし考えているのであれば、不動産投資を初めて不労所得を得るのがおすすめです。リスクを把握して、しっかりと対処法を考えておけば、ある程度失敗は避けられます。

不動産投資で不労所得を得よう!

「もう少し収入が増えたら…」そう思ったことはありませんか?

例えば、毎月の収入にあと5万円だけでもプラスされたらどうでしょう。日々の生活も定年退職後の生活も、ぐっとよいものになるのではないでしょうか。
しかし、このご時世、そう簡単に昇給が見込めるわけではありませんよね。ならば「不労所得」を狙いましょう。今、特に人気なのは不動産投資によって不労所得を得るという方法。成功すれば安定した家賃収入が見込めるとあって、若い世代のサラリーマンでも始める人が増えています。今回は、私が不動産投資を始めるにあたって重要だと思ったポイントを紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

不動産投資により期待できる利益は?

まずは軽く、不動産投資によって得ることのできる利益について説明しましょう。

家賃

不動産投資で得る利益といえばこれですね。投資をした物件に入居者がいる限り、ずっと得ることのできる利益です。物件選びや管理がしっかりとできていれば成功しやすいでしょう。

物件売却

投資した物件が値上がりしたところで売却し、利益を得るというものです。これから値上がりしそうな物件を見定めなければならないので、難易度は高めですね。上級者向けです。

不動産投資によって得られる利益は家賃収入だけではありません。しかし、物件売却は難しいしリスクも高い。成功したときのリターンの大きさは魅力でしたが、私は初心者らしく家賃による利益を狙っていきました。

不動産投資で成功するサラリーマンと失敗するサラリーマンとの違いは?

頭を抱える女性

不動産投資において、家賃収入による利益を狙えば成功する確率は比較的高いです。それでも、失敗する人は失敗するんですよね。
では、その原因って何なのでしょうか?成功したサラリーマンと失敗したサラリーマンの“差”から、失敗の原因を探っていきましょう。

成功したサラリーマンの話

安定した家賃収入で脱サラしたAさん

初めて投資した物件が成功し、順調に家賃収入を得ていきました。ローン完済後に出た利益から投資物件を増やしていき、自身の収入と同等の利益が出るようになったところで脱サラ。

Aさんはこれでうまくいった!

Aさんが大切にしていたのは、とにかく「堅実に」ということ。最初はリターンが小さくても、確実に利益が出そうな物件を選んだことが成功の秘訣みたいですね。その後もリターンの大小にはこだわらず、慎重に物件を選んでいったAさん。一件あたりの利益はさほど大きくないようですが、所有している数が多いので家賃収入だけでサラリーマン時代と変わらない額を得ています。

早々に老後の安心を手に入れたBさん

Bさんはなんと、20代で不動産投資を開始。ゆっくりと利益は大きくなっていき、貯蓄額も増えていきました。30代後半を迎えた現在、すでに老後のために必要な蓄えは目標額に近づきつつあるそうです。

Bさんはこれでうまくいった!

もともと勉強熱心なBさん。初めて行う不動産投資については、1年かけてじっくりと勉強したようです。投資する物件の選び方から起こり得るリスクまで、不動産業者からの説明がいらないレベルにまで達したとか。だからこそ、自然にリスクを避けることができたんでしょうね。また、Bさんのすごいところは今でも勉強を続けているというところ。常に知識を更新しているから失敗知らずなんですね。

失敗したサラリーマンの話

入居者が決まらずにマイナスになったCさん

とにかく投資額を抑えたかったCさんは、手ごろな物件に投資。しかし、手ごろな分条件があまりよくない物件だったため、いつまでも入居者が決まらずに維持費だけが掛かってしまいました。

Cさんはこれがダメだった!

物件自体の価格が安いと、利回りが高くなることがほとんど。Cさんは、これに引っかかって失敗してしまいました。利回りが高いのはいい条件だと思ってしまいがちですが、実はリスクの高い物件の条件でもあります。大抵何かしらのマイナスポイントがあるために安くなっているものなので、当然空室リスクも高くなるのです。

修繕コストで利益がなくなったDさん

「築浅じゃないけど、そのほかの条件はいいから」という不動産屋の言葉に乗せられて、築年数が大分経過した物件に投資したDさん。修繕が必要な箇所が多く、出た利益はすべて修繕費に回すという事態に。

Dさんはこれがダメだった!

不動産会社も仕事ですから、デメリットについてはあまり目立たないように言うもの。不動産会社が話す物件のいい部分だけで投資を決めてしまったために、今回のような事態に陥ってしまったようですね。デメリットがもたらす影響の大きさについてまで考えられていなかったようです。

成功リーマンと失敗リーマンの“差”

上記4名の例から、いくつかの“差”が見えてきましたね。

不動産投資に関する知識の有無

リスクを回避するためには、ある程度の知識が必要。うまい言葉の裏にあるデメリットを察知すること、冷静な判断を下すということは知識がなければできないことです。すべて不動産会社の言う通りにしておけば安心、なんて簡単なものではないということを意識しましょう。

「利益を出す」ということを重視しているか

これは「大きな利益を出す」という意味ではありません。「少しでも確実に利益を出す」ことを重視できているか、ということ。いくら利回りが大きくても、入居者がいつまでも決まらずに家賃収入が入らないのでは意味がないのです。投資しようとしている物件は入居者にとって本当に魅力があるのか、よく考えてみましょう。

リスクについて考えられているか

メリットばかり見ていてはどんなことでも失敗します。起こり得るリスクについて把握しておくことは、不動産投資で失敗しないために最低限必要なこと。起こり得るリスクを把握したうえで、どう対処していくかまで考えられるといいですね。

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資。若い世代やサラリーマンでも始める人がいるということからローリスク・ローリターンと思ってしまいがちですが、リスクはやや高めなのです。しかし、これはリスクについてよく考えたうえで適切な対処をすることで、ある程度回避することができるものと言えるでしょう。

不動産投資のリスクを知ろう

マンションを指差す男性

ここからは不動産投資において、起こり得る可能性の高いリスクについてお話していきます。

長期間の空室

空室が出ることによって発生するリスクは、家賃収入がゼロになるということではありませんよ。マイナスになることです。ローンを組んで物件を購入した場合、毎月の返済があります。そして管理費や税金といった諸経費は入居者がいなくとも発生します。

対処法

対処法としては、空室リスクの低い物件を見極めるということが挙げられるでしょう。例えば、長期入居が見込めるファミリー向け物件や好立地の物件だと、空室リスクは比較的低めと言われています。

家賃の滞納

入居者が決まっても安心はできません。入居者が家賃を滞納するようなことがあれば、その月の家賃収入はもちろんゼロになります。また、家賃の督促も間に不動産会社が入っていない場合には、自身で行わなければならないのです。

対処法

入居者を決める際に、信用できる人物であるかどうかよく調査することが重要になります。過去に家賃を滞納していたようなことはないか、連帯保証人も信用できる人物であるかまで確認した方がよいですね。

金利の上昇

ほとんどの方が、投資物件を購入する際に「不動産投資ローン」を利用されるかと思います。この際、変動金利型のローンであると、景気や地価の影響を受けて金利が上昇する可能性が。金利が上昇すれば、当然毎月の返済額も高くなってしまいます。

対処法

金利上昇に対しては、繰り上げ返済が有効な対処法であると言えるでしょう。家賃収入が入ってくるうちに、多めに返済をしていくという方法です。早めに返済することで、あとから金利が高くなってしまったときに返済する回数を減らす、もしくはなくすことができます。

以上が不動産投資において起こりやすいリスクです。まずは、これらへの対処法を何パターンか考えることから始めましょう。
今回ここで紹介している対処法は、あくまでも一例。上記の対処法では、解決できない可能性もあります。だから、ひとつのリスクに対して複数の対処方法を持っておくことが大切。リスクを回避する確率を上げておきましょう。

不動産投資はしっかりとリスク管理をすることで、大きな不労所得を生む

どんな投資にもリスクはつきもの。そして、そのリスクを乗り越えられるかどうかが投資の成功を左右するのです。私がとにかく伝えたいことは、リスクを甘く見ないで欲しいということ。また、自分で勉強することを怠らないで欲しいということです。
そうして投資に成功し、安定した不労所得を得られたとき、本当に生活が楽になりますよ。私が得ている不労所得はまだまだ小さい額ですが、昇給が簡単には見込めないサラリーマンにとっては十分にありがたいものです。
みなさんも不動産投資を成功させて、今の生活もこれからの生活も充実したものにしましょう!