リスクを先に知って、ワンルームマンション投資の失敗を避けよう

pbimage0000117257

ワンルームマンション投資は利回りの高さ、少子化や単身世帯の増加といった時代背景への適合から注目が高まっている不動産投資です。また、不動産投資初心者におすすめできる要素が複数あります。

ただし他の不動産投資同様、リスクは複数存在します。ワンルームマンション投資のリスクやデメリットを把握し、事前に対策を練ることが重要です。

ワンルームマンション投資のメリットは

ワンルームマンション投資には特有のメリットがあります。いくつかご紹介しましょう。

白いマンション

自己資金が少ない人向き

「ワンルームマンション1室を購入、その1室を貸して家賃収入を得る」というしくみですから、購入価格も比較的少なく、また不動産投資ローンの返済には家賃収入をそのまま充てられます。

自分の収入を足してローンを繰り上げ返済し、利益率をさらに高めたという成功事例も多くあります。

 

ローンの金利優遇

物件の入居ニーズが高いと判断した場合、不動産投資ローンの金利優遇措置を行なう金融機関が複数あります。

 

業務は管理会社に一任

家賃回収をはじめとした業務は管理会社に任せられます。滞納保証制度を用意する管理会社もあります。

 

 

ワンルームマンション投資のデメリット、リスク

どんな不動産投資にもリスクはつきもの。ワンルームマンション投資の場合、どのようなリスクとデメリットがあるのでしょうか。

マンションの模型をもつ人

空室リスクの直撃

1室を経営するという性質上、空室になると家賃収入は発生しません。ワンルームマンション投資の場合、空室期間は「利益率の低下」ではなく「収益ゼロ」を意味します。

 

新築物件は高額

「新築ワンルームマンション投資はとくに節税効果が高い」と興味をもつ人もいるようですが、これは新築ワンルームマンションの販売価格が高いため、経費負担が大きいことのあらわれでもあります。

不動産投資の節税とは、経営赤字によるマイナス所得分だけ所得税・住民税を減らせることです。言い換えれば「赤字になるほど節税効果が高くなる」わけです。節税効果はあくまで副次的なもの、と考えましょう。

 

売却価格の下落

売却時の価格は購入価格を下回ることがほとんどです。購入価格と売却価格の差額が家賃収入による収益より大きい場合、トータルで赤字投資になってしまいます。

 

 

リスクを避ける、減らす対策は?

これらのリスクを避ける、損を抑える対策法はあるのでしょうか。

スーツの男性

空室リスクへの対策

ふたつの方法があります。まずは入居ニーズの高い物件を選ぶこと。

都内23区や、再開発で活性化しているエリアから、設備、周辺環境も吟味して物件を選びましょう。

 

もうひとつ、ワンルームマンションを複数経営するのも有効です。2室を経営すれば、1室が空室になっても利益ゼロにはなりません。

この場合、同じマンションの2室を借りるのではなく、環境が異なる物件を選ぶとよいでしょう。

 

売却価格下落への対策

長期保有は売却価格下落、空室リスク上昇の理由になります。

ですが、これはあらかじめわかっている問題ですから、事前に方針を立てて対応できます。いつ頃、いくらで売りたいのかをしっかりと計画し出口戦略を立てることが重要です。

 

新築物件の購入価格の高さへの対策

新築物件は販促費用を上乗せした、本来の資産価値よりも高い価格が設定されています。とはいえ、入居ニーズは築年数が浅いほうが高まりますから、築浅の中古物件を選べば、購入価格と空室リスクを抑えられます。

 

 

ワンルームマンション投資はこんな人に向いている

・自己資金が少ない人

・他に大きな投資を行なっていない人

・不動産投資の経験や知識があまりない人

 

初期投資が少ない、大家業務に追われずに済むなど、ワンルームマンション投資は初めての不動産投資にも向いています。リスクは複数存在しますが、他の不動産投資より数は少ないものです。

想定されるデメリットへの配慮、リスクへの対策を講じることから、ワンルームマンション投資の検討を始めましょう。