投資物件はどう選ぶ?優れた投資物件の条件や探し方

指差し女性_スーツ

安定した不動産投資をするためには、投資物件選びが重要になってきます。とは言っても、不動産投資初心者はどんな投資物件を選べばいいのか分からないでしょう。そこで、投資物件を選ぶ際のポイントや探し方について詳しく見ていきたいと思います。

投資物件とは?

 マンション_ブラウン
投資物件とは、投資を目的として所有される不動産のことを言います。賃貸運営を行ない、インカムゲインを得る方法と、価格が上昇したら売却し、キャピタルゲインを得るという2つの方法で収益を得ることができます。

投資物件の選び方は、不動産投資を行なう上で非常に重要なものです。
不動産投資を成功させるためにも、投資物件の選び方や注意点を把握しておきましょう。

優れた投資物件の条件

不動産投資はどの物件でもいいというわけではありません。不動産投資成功のカギは、優れた投資物件選びです。ここでは、優れた投資物件の条件について説明していきます。

①広さ&深さ

広さというのは、投資物件選びで何を基準として選ぶのかを考えた時に、価格・立地・利回り・管理費・駅までの距離などの項目数をどこまで増やすかということです。何を重視するかは人それぞれ異なるでしょうが、基準とする項目が多ければ多いほど優れた投資物件を選べるでしょう。

深さというのは基準とした項目の条件をどこまで絞るかということです。例えば、「駅までの距離」の場合、15分以内、5分以内、3分以内というように条件を深く絞れば絞るほど対象の投資物件は少なくなります。そうなると、理想の投資物件を見つけるのは難しくなってしまうでしょう。

重要なのは、投資物件選びの基準を広く深く取りすぎないことです。ちゃんとポイントを絞って、必要のない基準は思い切って省くことも大切なのです。

②立地&価格

投資物件選びで必要不可欠な要素と言えば「立地と価格」です。不動産投資のタブーは「立地の悪い物件を高く買う」こと。立地と価格は物件を購入した後も、変わることのない要素になります。駅までの距離が遠かったり、賃貸需要が低いエリアだったりすると、入居者が増えず空室で苦労することになるでしょう。また、価格に関しては景気動向によって変動するので、様子を見ながらタイミングを見計らうことも大切です。

③自分が住む基準で選ばない

投資物件は単身者向けのものもあれば、ファミリー向けのものもありますが、単身者が住む条件やファミリー向けでは全くニーズが違ってきます。単身者の場合は駅の近く、または家賃が安いという条件で選ぶ人が多く、一方でファミリーの場合は、日当たり・子供の学区・公園が近いといった条件で選ぶ人が多いです。つまり、入居者によって何を重視するかが変わってくるのです。自分が住む基準で選ぶのではなく、ちゃんと住む人の目線で選ぶようにしましょう。

投資物件の探し方

不動産投資の第一歩は投資物件探しです。投資物件をどう探せばいいのか分からないという不動産投資初心者のために、ここでは投資物件の探し方を詳しく紹介していきます。

1.ネット上から自分で投資物件を探す

投資物件は物件検索サイトで探すことができます。賃貸サイトはエリアや価格などの条件を入力すれば、該当する物件をピックアップしてくれますが、物件検索サイトも同じく条件を設定して探すことができます。規模の大きい投資物件検索サイトであれば、掲載している物件の数も多いので、自分の条件に合った物件を見つけることができるでしょう。

2. 競売で投資物件を購入する

競売とは銀行などの債権者が、債権回収の際に裁判所を通じ、入札方式で不動産を売却する手続きのことを言います。一般の人も競売に参加することができるので、そこで投資物件を購入するという方法もあります。ただし、最近は落札価格も高くなっているので、競売での購入はあまりおすすめできません。それでも競売で購入したいということであれば、ネット上で仲介物件を探してみるといいでしょう。

3. 不動産会社から投資物件を紹介してもらう

不動産投資が初めての人は、不動産会社から投資物件を紹介してもらうといいでしょう。不動産会社なら物件を購入した後の、入居者トラブルの対応や家賃回収といった管理までしっかりと行なってくれるので安心です。不動産会社はいわば不動産のプロです。不動産に関する知識が豊富なので、投資物件探しで失敗したくないという人は、まず不動産会社に相談してみてください。

4. 不動産投資セミナーで情報収集をする

物件検索サイトの中には、物件の掲載だけでなく不動産投資セミナーを開催しているところもあります。不動産投資セミナーでは、投資物件の情報収集ができますし、不動産投資のノウハウについても詳しく知ることができます。セミナーの開催地が遠いという人は、オンラインセミナーというものもあるので利用してみるといいでしょう。

しっかりと基準を決めて投資物件を選ぼう

ここまで投資物件の選び方や探し方について説明してきましたが、ポイントをまとめてみましょう。

・優れた投資物件を選ぶ時の基準は広く深く取りすぎない。
・投資物件の立地と価格を重視し、しっかりとターゲット層を絞る。
・投資物件を自分で探す際は、まずセミナーで情報収集をする。
・不動産投資に失敗したくないという人は不動産会社に投資物件を紹介してもらう。

以上のポイントを押さえて、安定した不動産投資を実現させましょう。