分かりやすく解説~東京で不動産投資をするなら利回りを見る~

東京の街並み

東京で不動産投資をしたいと考えているなら、利回りがとても重要になってきます。それは何故なのか?不動産投資で収益を望むなら、ここでしっかりと勉強しておきましょう。

不動産投資では利回りを考えることがとても大切

東京で不動産投資を行なうのなら、利回りはとても重要です。何故かと言うと、東京で不動産投資家を目指すのであれば、利回りの高い物件でないと収益を出すことが出来ないから。しかし、利回りは地域によって差があります。それは、どうしてでしょうか?詳しく見ていきましょう。

※利回りの詳しい説明については下記を参考にしてみてください。

不動産投資投資選びの最重要項目!利回り計算の基礎

不動産投資の中でも人気のある東京エリアの利回りは?

東京駅
不動産投資をするなら、人気の東京で始めたいと思っている方が多いと思います。それには、しっかりとした理由がありました。

不動産投資の中でも東京が人気

人気の理由

・理由1 不動産投資家が東京に多く住んでおり、物件の管理がしやすい。
・理由2 リスクが低い。

理由1については、説明しなくても分かると思いますが、理由2は説明が必要になりますね。一般的に東京などの都心部は利回りが低く、地方に行くにつれ利回りは高くなるようです。それは、世帯数が少ないため空室のリスクがあり、今後更に世帯数が減っていくなどのリクスがあるので、利回りが高いという仕組みがあります。

東京は利回りが低い傾向がある理由

・理由1 人口流入が多い

東京の利回りが低い理由は、人口流入が多いという点。東京は、全国的にみても出生率が低くいのですが、地方から次々と若者がたくさん移り住んできています。そのため、東京は日本で最も多くの人が住む人口密集都市といえるのです。

・理由2 世帯数が増加している

それに加え、東京は世帯数も多い都市として知られています。人口流入はもちろん、核家族化の進行、離婚率の増加、さらに未婚率などが理由で世帯数も増加しているようです。

上記の理由からも分かるように、東京は利回りが低い傾向にあります。ですが、地方に比べリスクが低く安全面で優れているため、不動産投資家にとって人気があるのです。

東京の物件は利回りを考えることが非常に重要になる

グラフと地球儀

不動産投資家に人気がある東京だからといって、失敗しない訳ではありません。不動産投資家として、収益を出すにはしっかりと利回りの目安を把握しておく必要があります。

東京で収益を上げる利回りの目安

・東京都内の一等地の場合なら、利回り5%、新築の場合で利回り8%以上。
・東京郊外の新築の場合で利回り8%以上、中古の場合でも利回り10%以上。

また、東京の良い立地だからと無理して不動産投資用マンションを購入するのもやめましょう。立地が良いからといって、それが良い買い物なのか収益を考えて下さい。東京で人気の土地にはプレミアがついており、実際の評価価格よりも高い金額を払わないと買えません。つまり、投資金額が増える。そうなると、益々利回りが低くなってしまいます。不動産投資家として、少ない投資金額でよりよい利回り物件を、収益の出る物件を探すことが大切なのです。さらに、不動産投資家にとって情報収集も同じ位大切になります。たくさんの情報を集めることで東京の利回り相場がわかるようになり、物件を探す力がつくからです。相場が分かると、収益性をしっかり考えているため自信を持って不動産投資の目利きが出来るようになります。また、業者さんとの繋がりも大切なようです。

引用元:お金の総合サイト!ザイ・オンライン|管理会社との関係強化で入居率が飛躍的にアップ

これによると、管理会社の社長さんとメール重ねるうちに人柄を知ってもらい、信頼関係を築けたとあります。また、修繕工事なども地元の専門業者に依頼するなどして、修繕費を抑えるなどして利回りが下がらないよう工夫しているようです。

利回りの良い物件を見つけて収益を上げよう

東京で不動産投資を行おうと思っているのであれば、しっかりと利回りを確認し収益がある物件なのかを見極めて購入する必要があります。少ない投資金額で良い利回りの物件を見つけ出すことにかかっています。情報収集を怠らす目利きを鍛え、また人脈を大切にして収益を上げていって下さい。