ワンルームマンション投資の魅力とは?失敗事例からリスクも知っておこう

女性

不動産投資の中でも特に高い人気を誇っているのがワンルームマンションです。賃貸業務や確定申告などのサポートがあり、また金融機関が自己資金不要のプランを提案しているなど、外部のサポートが手厚いのも人気の理由の一つです。ここでは、ワンルームマンション投資の魅力について紹介します。

ワンルームマンションが注目されている理由

不動産投資と言えばワンルームマンション投資といわれるほど、投資対象として人気の高いワンルームマンション。なぜワンルームマンションがこれほどまでに高い人気を集めているのかを見ていきましょう。

理由①賃貸管理の手間が少ない

不動産投資は、家賃回収や修繕対応や入居の審査、また定期点検といった賃貸管理の手間がかかります。ワンルームマンションの場合は、管理会社に管理を任せることがほとんどですので、管理の手間を省くことができます。

理由②少ない自己資金で投資ができる

マンションや一軒家は高額ですので、投資するには多くの自己資金が必要となりますが、ワンルームマンション投資はそのような投資対象に比べて低い価格で購入することができますので自己資金や頭金が少なくても始められます。

理由③流動性が高い

マンションや一軒家などは価格が高い為、売りたい時になかなか買い手が見つからないことが多く、流動性が低いです。ワンルームマンションであれば、不動産投資の中でも比較的少額で取引されるため、売り手も多く、流動性が高いと言えます。

理由④利回りが高い

ワンルームマンションの投資は、他の不動産投資に比べて初期投資費用が少ない為、利回りが非常に高いです。投資効率が高いという点もワンルームマンション投資の魅力です。

ワンルームマンション投資の失敗例

不動産

様々なメリットのあるワンルームマンション投資ですが、リスクがないわけではありません。ここでは、実際にあった失敗事例をもとにワンルームマンション投資のリスクについて紹介していきます。

失敗事例①出口戦略を立てていない

物件は経年によって価値が下がっていくので、売却する際は購入した際の金額よりも下回ります。特に新築マンションの場合は購入した金額と売却する際の金額に開きがあります。家賃収入と売却価格を合わせた金額が、購入金額を下回った場合は投資失敗となります。実際に、高く売れるタイミングを逃して、ワンルームマンションを所有し続けてしまい、売却する頃には物件の価値が下がっていて、損失を出してしまったというケースは多くあります。どのタイミングで売却するかのという出口戦略をきっちり立てておきましょう。

失敗事例②空室リスクによる失敗

空室リスクはどの不動産投資にも言えることですが、ワンルームマンション投資は一部屋だけの投資ですので、1室が空室になってしまった場合は利益が0になってしまいます。マンションに投資した場合は、空室がいくつか出ても、入居している部屋がある限り利益が0になることはありません。環境の変化などによって住宅需要も変わりますので、様々な地域にいくつかのワンルームマンション投資をしておくとよいでしょう。

失敗事例③物件を選ぶ時にチェックが甘い

コンクリートの質感や、家の材質など細かい所を見ておらず、劣化が早かった場合は、売却する際に価格が大きく下がってしまいます。中古マンションのワンルームを見る際に、綺麗なところしか見せられず、購入してから劣化している部分に気づいてしまうというようなこともあります。どのような点を重点的にチェックするかを把握した上で購入するようにしましょう。

失敗事例④新築ワンルームの資産価値が急減

新築ワンルームは販促の為に使われた費用も価格に上乗せされているので、実際に支払った金額よりも資産価値が低いということがあります。売却する際に、中古マンションとして売り出すため資産価値が減るのと併せると、売却価格が激減してしまう可能性があります。新築ワンルームのマンションを投資対象にする際は、このような資産価値が減ることもしっかり頭に入れておくことが重要となります。

ワンルームマンションは手軽だけどしっかりとチェックすることが必要(まとめ)

ワンルームマンション投資は、少ない自己資金で始められる上に、高利回りなので非常に魅力的な投資対象です。しかし、出口戦略をしっかり立てていなかったり、空室リスクや資産価値の減少といったリスクへの対応が甘かったりすると失敗してしまう可能性があるのも確かです。信頼できる不動産業者を見つけて、相談しながらワンルームマンション投資に取り組みましょう。