マンション投資には欠かせない!不動産投資ローンの基礎知識

書類と家の模型と電卓

マンション投資をするにあたって、欠かせないのが不動産投資ローンです。住宅ローンと似たようなものだろうと、ろくに勉強せずに組んでしまうと痛手を受けることに。事前にしっかりと勉強してから検討しましょう。

不動産投資ローンの理解度がマンション投資成功のカギを握る!?

マンション投資で成功するためには、一にも二にも勉強することが大切です。
勉強すべき事項の中で、皆さん「不動産投資ローン」の勉強を疎かにはしていませんか?実は、不動産投資ローンに対する理解度は、マンション投資の成功を左右するポイントでもあるのです。
まだあまり理解できていないというあなた。この記事をきっかけに、不動産投資ローンについてしっかり学んでいきましょう!

マンション投資をする前に!不動産投資ローンの流れを理解しよう

貯金箱と書類

まずは基本中の基本、不動産投資ローンを利用する際の流れを簡単に説明します。

STEP1:必要書類の準備

利用したい金融機関の融資担当に、アポを取ることから始まります。申し込みに必要な書類や資料などを、融資担当に確認したうえで用意しましょう。以下は、一般的に必要とされる書類・資料の一例です。

取得が必要な書類

登記簿謄本・物件概要書・源泉徴収票・確定申告書・固定資産税評価証明書

資料

公図・住宅地図・販売図面・建物図面・物件写真・取引事例・キャッシュフロー試算表・物件取得関連費用概算表

STEP2:審査を受ける

用意した書類・資料を提出、特に不備がなければ審査が始まります。だいたい2週間から4週間程度で審査が終わることが多いようです。審査を通過すると、その旨の通知が届きます。審査通過の通知を受け取ったら、契約の締結手続きに進みましょう。

STEP1の書類・資料準備が特に大変でしょう。役所で取得する必要のある書類もありますので、早めに準備を始めた方がよさそうですね。
また、今回紹介したのはあくまでも一例であり、ほかに必要な書類がある場合や反対に必要ない書類がある場合があります。融資担当者に必要書類の内容をよく確認し、不備のないように準備を進めましょう。

マンション投資成功のため審査を通過するポイント

マンション投資成功への最初のステップは、不動産投資ローンの審査に通過することです。審査を通過できるか否かは、年収によって変わってくるということをご存知でしたか?

年収1,000万円以上

お住まいの地域にある約8割の金融機関で審査通過の可能性あり。審査はかなり通りやすいと言えますね。

年収700万円以上

お住まいの地域にある約5割の金融機関で審査通過の可能性あり。金融機関の選択肢は十分にあるでしょう。

年収500万円以上

お住まいの地域にある約2割の金融機関で審査通過の可能性あり。年収以外の部分でいいアピールができれば、審査通過の可能性は上がります。

また、金融機関によって融資条件が異なります。融資上限額や年収返済比率は、銀行ごとに開きがあるようですね。勤続年数は3年を基準としているところがほとんど。どんな事情であるにしろ、転職したばかりであると審査が通りにくくなることもあるので注意してください。年収が500万円以下の方は、勤続年数など年収以外のアピールポイントに力を入れてみましょう。

マンション投資で失敗しないためにもローンを組む際の注意点

パソコンを見て頭を抱える女性

自己負担分に注意

融資は無制限に受けられるものではありません。マンション投資のためにローンを組む場合の、借入可能額というものがあります。マンション投資が目的である場合の借入可能額の目安は、年収の5倍程度。これを参考に、投資したい物件を探しておくとよいでしょう。
ただし、諸経費として物件価格の5%から7%ほどの費用が発生するのですが、これに関しては融資を受けることができません。自己資金で賄わなければならない分があるということをお忘れなく。

返済計画に注意

きちんとした予測を立てずにローンを組むのは大変危険です!「早めに返済を終えたいから、返済期間は短めにしよう」などと考えていると、失敗しかねませんよ。
ローン返済のほか、税金や維持費など必要経費は想像以上に多いもの。また、投資には不測の事態が付き物です。余裕を持たせた返済計画を立てなければ、返済が滞ってしまうことに。マンション投資でローンを利用するのと、住宅を購入するためにローンを利用するのでは大きな違いがあるということを理解しましょう。

マンション投資をする際には不動産ローンの勉強が必要

「物件を購入する」という共通点から、住宅ローンと混同して考えてしまいがちな不動産投資ローン。しかし、それこそが失敗の元なのです。「住宅ローンの仕組みがわかっているから大丈夫!」などと思わずに、きちんと不動産投資ローンの勉強をしましょう。不動産投資ローンと住宅ローンの違いを制する者はマンション投資を制する、ですよ。