初心者必見!安定した収入が得られる不動産投資の始め方

不動産投資,比較

初めて不動産投資をする方は、何から手を付けたら良いのかわからないことが多いと思います。その場合は、計画から購入までの流れを理解することで、不動産投資の始め方を明確にすることができるでしょう。

不動産投資の始め方

不動産投資,パートナー

物件購入までの流れ

不動産投資を始めるにあたって、押さえておきたい基本的な投資の流れを順を追って説明します。これから説明することを知っておけば、不動産会社に投資を依頼する時にスムーズに話を理解することができるはずです。

1.予算決め

不動産投資を始める場合は必ず資金を用意する必要があります。余裕を持って投資活動ができるように、まずは予算を決めましょう。自分の今の収入や貯蓄額を基準にし、不動産投資にかけられる金額を考えることが大切です。

2.物件選び

物件選びはとても慎重に行わなくてはいけません。なぜかというと、立地や住み心地が悪い物件は価値が上がる見込みもないですし、入居者が集まらず空き部屋が増えてしまう可能性もあるからです。そうなると投資をした意味がなくなってしまいます。

ここは、「自分も含め、多くの人が住みたいと思う条件は揃っているのか」という部分に着目し、物件を選びましょう。良いと思った物件を3~5件ほど選び、ランキングを付けておくと後々絞り込むのが楽になります。

3.現地調査

購入したいと思う物件がある程度決まったら、購入する前に現地に出向いて調査を行いましょう。物件価格や資料と比較しながら管理状況や設備を確認します。そして調査を行う場合は、昼と夜2回に分けるようにしましょう。そうすることで、現地の環境や安全面をしっかりと確認することができます。

4.最終確認

気になる物件の購入申込みを行い、不動産会社から物件や契約についての説明を受けます。必ず納得してから物件の購入ができるよう、疑問に感じることがあればこの時点で解決しておきましょう。

5.購入手続き

最終確認が完了し購入したいと思う物件が見つかったら、いよいよ購入手続きに移ります。不動産会社と契約を交わすために手付金が必要になるので、ここで初めて出費が発生するのです。お金が関わる大切な場面なので、「解約金」や「保証」、「サポート体制」に関してもしっかりと話しを聞いておく必要があります。

不動産投資を長く続けていくためにやるべきこと

不動産投資を始めたものの、効果をすぐに実感することができずに辞めてしまうという方もたくさんいます。しかし、効果が出ないからと言ってすぐに辞めるのはおすすめできません。不動産投資は続けることで収入を増やしていくことができるからです。

始める目的を明確にする

何事も目的がなければ長く続けることはできません。不動産投資で成功したいなら、きちんと目的を決めてから始めるようにしましょう。

特に大切なのは、投資で得たお金の使い道。例えば大学の入学資金や世界旅行の資金など、収入の使い道を決めることから始めます。その目的に必要な金額を目標にすることで、不動産投資を続ける意味を見出だすことができるのです。

自分にとって無理のない返済額を知る

不動産投資を始める場合は、ほとんどの方がローンを組むことになるでしょう。しかしこのローンに対する考えが甘いと、膨大な借金を抱えてしまう恐れもあるので注意しなくてはいけません。ローンを組む際は、金利が上昇する可能性も考え、自分にとって無理のない返済額を知っておく必要があります。

「年間のローン返済額が年収の30%以内」であれば無理のない返済額と言えるので、その金額を頭に入れてから不動産投資計画を進めていきましょう。

人生のターニングポイントを意識する

不動産投資でチェックすべき人生のターニングポイントとは、お金が必要な時期のことを言います。投資を始める際は、このターニングポイントを意識することが大切です。

子供が生まれたら養育費が必要になりますし、定年退職をしたら生活資金が必要になります。このターニングポイントを意識しておくことでお金が必要な時期を見極めることができ、失敗してしまうリスクを減らしながら投資を続けていくことが可能です。

初心者が「インカムゲイン」を狙うべき理由

不動産投資チャート

キャピタルゲインとインカムゲインの違いについて

不動産投資で利益を得る仕組みには、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という2つの種類があります。初めて不動産投資を行う人ほどキャピタルゲインに手を出しやすいと言われていますが、知識が浅い時にその手段を選ぶと危険なので気をつけてください。

キャピタルゲインとインカムゲインは、それぞれ収入の仕組みが大きく異なるので、まずはその違いを比較してみましょう。

キャピタルゲインの仕組み

購入した物件の価値が上がった際に売却し、その差額を収入として得る方法をキャピタルゲインと言います。不動産以外に、金やブランド品などの売買でもこのようなキャピタルゲインが活用されています。

インカムゲインの仕組み

家賃収入で得る定期的な利益のことをインカムゲインと言います。資産の保有によって得られる収入のことを示すものなので、銀行預金の受取利息もインカムゲインにあたるのです。

初心者にインカムゲインをオススメする3つの理由

さて、不動産投資で利益を得るための2つの仕組みを理解できたところで、初心者がなぜインカムゲインを狙うべきなのか、その理由を3つご紹介します。

理由1.ある程度安定した収入が得られる

インカムゲインなら、不動産投資の初心者でも安定した収入を得ることができます。なぜかというと、入居者から毎月家賃を支払ってもらうことができるからです。入居者がいれば、収入がなくなることはありません。

理由2.景気に左右されにくい

家賃は賃貸需要と大きく関わっているので、ほとんど景気に左右されることがありません。景気が悪いからと言って来月から家賃を半額にしなければならないという事態が起こることもないので、急に収入額が減るということがないのです。

理由3.不動産価格の落下による影響を受けにくい

キャピタルゲインを選んで投資活動を行っていると、不動産の価格が低下した際にかなり大きな影響を受けてしまいます。しかしインカムゲインを選んでいれば、その影響を受けることなく翌月も同じ額の収入を得ることができるのです。不動産価格が低下しても急に損失額が発生するということがないので安心して投資活動を行うことができます。

信頼できるパートナー探しが大切

不動産投資のアドバイザー,パートナー

不動産投資を初めて行う際は、まずはしっかりと計画を立てることが大切であることを説明しました。もう一度まとめて不動産投資の始め方をおさらいしましょう。

【物件を購入する際の流れ】

  1. 自分の収入にあった予算決め
  2. 的確な物件選び
  3. 実際に目で見て確かめる現地調査
  4. 購入前の最終確認
  5. 投資したい物件の購入手続き

この購入の流れを理解しておけば、初心者でもある程度良い物件選びを行うことができます。それから不動産投資は続けていくことに意味があるので、続けられるためにやるべきことを意識して行動することも大切です。

 

【不動産投資を続けるためにすべきこと】

  1. 投資の目的を明確にする(投資活動を続ける意欲を引き出すため)
  2. 自分にとって無理のない返済額を理解する(多額の借金を抱えないため)
  3. 人生のターニングポイントを意識する(お金が必要な時期を見極めるため)

それから投資方法は「インカムゲイン」を選ぶようにしましょう。インカムゲインなら、借金地獄のリスクを減らしつつ安定した収入を確保することができるからです。これらを意識して投資計画を立てる必要がありますが、初めてだと失敗することもあり、そのまま投資から手を引いてしまうという方も少なくありません。

初めて不動産投資を行うなら信頼できるパートナーを見つけておくことをオススメします。不動産会社には賃貸管理を任せることもできるので、初めてでも大きな家賃収入を得られる可能性が高くなります。

 

以上が不動産投資の始め方と長く続けるコツです。はじめて不動産投資を始める場合、わからないことが多くて不安になるでしょうが、ひとつずつ一緒に解決していきましょう。