マンションを売るときの注意点とは?マンション売却の基礎を紹介

マンションを売る

マンションを売るときには、手数料や税金など様々な費用が差し引かれます。せっかく高い値段で売れたのに手元に残らなかった…ということにならないためにも、まずは必要な費用について紹介します。

マンションを売ると所得税はかかるのか?

マンション,費用

マンションを売るとき、まず気になる費用といえば「税金」。不動産売買により何千万、何億円というお金が動くことになるので、税金も高くなるのでは…と心配される人もいることでしょう。しかし多くの方が勘違いしていることですが、所得税がかかるのは「マンションの購入価格が売却価格を上回るとき」となっています。そのため、買ったときの費用より売るときの値段が安い場合はかかりません。さらに居住用として使っていた場合、利益が出ていても3,000万円の控除を受けられます。そのため、居住用マンションでは所得税がかからないことが一般的なのです。

印紙税・登録免許税

印紙税は、不動産売買の契約書に張り付ける印紙で支払う税金です。平成30年3月31日までは軽減が適用され、例として1,000~5,000万円の売買では1万円の納税となります。

ただし売買契約書は売り主の場合はコピーでも良いので、印紙税を払わなくても済みます。登録免許税は担保にした土地や建物の抵当権を外すために2,000円、引っ越して新しい住所を登録するときは1,000円かかります。

仲介手数料

マンションを売るとき、ほとんどの場合で不動産業者に仲介を依頼することになります。依頼時に支払うものではなく、売買が成立した時点で支払うことになります。

仲介手数料は上限が決まっていて、200万円以下の売買では売却額の「5%+消費税」、200~400万円では「4%+消費税」、400万以上は「3%+消費税」です。これは上限額なので不動産会社によっては、これよりも低い額である場合もあります。

住宅ローンの返済

住宅ローンで購入している場合、まだ返済が終わっていないということもあるでしょう。その場合は、当然ながら残りのローンを支払う必要があります。またローンを解除して一括で返済する場合は、手数料を取られることがあります。金融機関や残額によっても異なりますが、数千円~数万円ほどかかります。

不動産会社選びがマンションを高く売るコツ!

不動産会社,選ぶ

不動産会社を慎重に選ぶこと、それがマンションを高く売るために必要なことです。よい会社を選ぶためのコツも紹介していきます。

選び方1 マンションの取扱数に注目する

不動産会社にも得意な物件・不得意な物件というものがあります。扱っている物件によって、売れ行きや値段も変わってくるので、マンション売買が得意な不動産会社を選びましょう。見分けるポイントとしては、やはりマンションを中心にしていることです。広告チラシや看板でマンションを前面に掲載している会社を選びましょう。

選び方2 担当者を信頼できること

マンションを売るときは、数カ月以上の長い付き合いになることを頭にいれておくことがポイント。その間に担当者には、買い手を探してもらうだけではなく、手続きの相談などで何度も顔を合わせることになります。いくら会社自体の評判が良くても、担当者との足並みがそろわなければ、売買も不満足なものになってしまうのです。不動産会社を選ぶときは、担当者の人柄や売買の方針にも目を向けましょう。

選び方3 期間の目安を立てておく

不動産会社に依頼してから、この期間で売れなかったら他の不動産会社に依頼するという目安を立てておきましょう。期間が延びればマンションの価格が下がってしまう可能性もあり、その間に雑費がかさんでしまう可能性もあります。そのため長くても半年程度を目安にして、売れなかったら他の不動産会社にも相談してみましょう。

マンションを売るときは信頼できる会社に相談しよう!

pbimage0000102773

マンションを売るときには、売却金や諸費用を含めて大きな金額から小さな金額まで扱うことになります。そのため不動産会社と密に連携をとることが重要です。マンションを売るときは、周囲の評判だけで選ぶのではなく、あなた自身が信頼できる会社を選びましょう。