サラリーマンの資産形成方法は何を選ぶべきか?おすすめ方法を紹介

マンション投資

サラリーマンの資産形成では、安定した給与収入をもとに長期にわたる計画を立てることが重要です。そこで、このページでは長期の資産形成に適したおすすめの方法を紹介していきます。

資産形成で安定した収入を得よう

長期間にわたって安定した収入があり、定年後の生活費の貯蓄が必要なサラリーマンこそ、長期的な資産形成が重要です。そこで、このページではそれぞれの資産形成方法のメリット・デメリットを紹介し、特におすすめしたマンション投資を始める際の注意点を紹介します。

サラリーマン

サラリーマンの資産形成にはどんな方法があるか

サラリーマンの資産形成としては、4つの方法が中心となっています。おすすめの方法を紹介するために、まずはそれぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

積立貯金・積立保険

積立貯金や積立保険は、毎月一定の金額を積み立てることで資産形成を行う方法です。少ない資金で始めることができることと、サラリーマンには常に一定の収入があることから、手軽にできる資産形成と言えます。その代わりに、得られるリターンも少ないことがデメリットです。こうした特徴から資産を大きく増やすのではなく、一定額の貯蓄に適した方法と言えます。

メリット:こつこつ貯蓄できる・元金を失うリスクがない
デメリット:リターンは少ない

株式投資

株式投資は、企業が発行する株の売買による利益や、保有による配当金により利益をあげる方法です。売買で利益を目指す場合、大きな利益を得る可能性もありますが、元金の保証はないため投資に失敗すれば、資産を失ってしまうリスクがあります。また、相場の変動が激しい短期取引は、取引や勉強に時間を割くのが難しいサラリーマンの資産形成は適していません。そのため、サラリーマンの資産形成方法としては、長期保有による配当金や株主優待を得ながら、慎重に売買のタイミングを見計らう必要があります。

メリット:配当金や優待が得られる・大きな利益を得られるチャンスがある
デメリット:元金を失うリスクがある・相場の変動が激しい

マンション投資

投資信託

投資信託は、信託会社に投資して分配金を受けとる方法です。信託会社は投資家から集めた資金を専門科の分析のもとで、分散投資することで利益をあげます。株式投資と比べると、少ない資金で購入することができ、投資先も分散させているため、リスクが低いことがメリットです。その代わりに、個人での株式投資に比べ、販売手数料や信託報酬の支払いをしなければなりません。

メリット:株式投資に比べてリスクが低い・安定した資産形成ができる
デメリット:信託報酬や手数料が必要・元金を失うこともある

不動産投資

不動産投資は、アパートやマンションの家賃収入や売買で利益を得る方法です。家賃収入は一度契約が決まれば、長期的な安定収入を得ることができます。さらに、不動産投資で得た利益は給料と損益通算できるため、所得税の節税も可能です。さらにローン購入では、団体信用生命保険に加入するため、死亡保険代わりにすることができます。また、相続の際も時価ではなく路線価で評価するため、相続税を抑えることができます。手間がかからずに運用できるため、サラリーマンの資産形では最も適している方法です。その代わり、建物老朽化や空室などのデメリットもあるため、投資対象の選び方が重要です。

メリット:安定している・所得税の節税ができる
デメリット:建物が老朽化して価値が下がる・空室のリスクがある

そこで、次はおすすめの投資対象と注意点を紹介します。

おすすめの資産形成は区分けマンション投資

今マンション投資が盛り上がっている

サラリーマンの投資対象になる物件を選ぶためには、大きく分けて2つの区分があります、アパートかマンションか、一棟丸ごとか一部屋ごとの区分か、という区分です。この中でおすすめの方法は、区分けマンションへの投資です。その理由を説明するために、区分けマンション投資のメリットを紹介します。

マンション

区分けマンション投資のメリット

1.投資金額が低い

都心で一棟丸ごと区分けマンションを購入する場合、数億単位の金額となってしまいます。一方、中古の区分けマンションなら2,000万円ほどで購入可能です。購入価格の10%ほどの資金があれば、ローンで購入することができるため、十分な利益をあげつつ、無理なく運用可能です。

2.管理の手間がかからない

他の資産運用方法や一棟丸ごとの運用に比べ、区分けマンションの管理には手間がかからないこともメリットです。共有部分などの管理は必要な区分や一部屋だけの管理で済むため、仕事があるサラリーマンでも問題なく運用できます。特にマンションはアパートよりも空室のリスクが低く、安定した運用が可能です。

マンション投資は不動産会社選びが重要

多くのメリットがある不動産投資ですが、一人だけで万全な資産運用を行うことは不可能です。特に長期にわたって管理することになるマンション投資では、信頼できるパートナー選びが重要です。また値下がりにそなえて空室管理だけではなく、売買に強い不動産会社を選ぶ必要があります。扱っている物件の数が多く、売却実績も確かな不動産会社を選びましょう。

資産形成は長期的な安定が決め手

資産形成は短期ではなく、長期的な安定を見据えて行うことが重要です。資産の保有で得られる収入と、売買で得られる利益や起こるかもしれないトラブルも見据えて、安定して管理できる方法を選びましょう。特に本業で忙しく、管理に時間を割けないサラリーマンの資産形成では、相談相手が必要です。信頼できるパートナーを選び、将来を見据えた運用を行っていきましょう。